PT・OTが今より手取り給料を3万円増やす方法詳しくみる

理学療法士で年収1000万円稼ぐのは可能?達成するための方法を解説!

  • URLをコピーしました!
理学療法士

理学療法士で1000万円稼ぐのって可能なの?
どうやったら達成できるの?

今回はこんな疑問にお答えしていきます。

年収1,000万円は、理学療法士にかぎらず誰もが考えるお金持ちの一つのラインですよね。

お金が全てとは言いませんが、お金があれば人生の選択肢が増え、老後への不安も少なくなります。

そんな年収1000万円という額は、はたして理学療法士として働きながら稼ぐことができるのか…?

記事内で迫っていきます。

タップできる目次
この記事の筆者

リガサポ

理学療法士の平均年収は1000万円には程遠い…

理学療法士の平均年収は426,5万円と、年収1000万円には程遠い額となっています。

平均年収の比較

理学療法士全労働者
平均年収426,5万円443万円
平均年齢33,9歳46,7歳
引用:令和3年賃金基本構造統計調査(厚生労働省)
理学療法士

平均が年収1000万円の半分以下か…

とはいえ、理学療法士は若手が多く年収も低くなる傾向なので、年代別の年収もチェックしていきましょう。

年代別の平均給与

年齢理学療法士
20〜24歳329万円
25〜29歳380万円
30〜34歳414万円
35〜39歳437万円
40〜44歳487万円
45〜49歳516万円
50〜54歳539万円
55〜59歳575万円
引用:令和3年賃金基本構造統計調査(厚生労働省)

最も年収が高くなる定年前の50代以降で、ようやく年収550万円前後という結果に…。

次は年収別の分布を見ていきましょう!

引用:令和3年賃金基本構造統計調査(厚生労働省)

なんと年収650万円以上で全体の0.18%とかなり少数派…。

なので普通に理学療法士だけで働いてれば、訪問リハビリなどでめちゃくちゃ頑張って年収700万円〜800万円が限度と言えます。

理学療法士

年収1000万円は夢の数字だね

リガサポ

理学療法士1本だけでは、ほぼ不可能な数字だね

次は理学療法士だけでは、年収1000万円が難しい理由を解説していきます。

理学療法士だけでは年収1000万円が難しい理由

ぶっちゃけ理学療法士という仕事一本で、年収1000万円を稼ぐことはほぼ不可能です。

その理由は以下の通り。

  • 保険診療という仕組み
  • 時間で報酬が発生する仕組み
  • PTの増加に伴う供給過多

ご存知の通り、理学療法士の給料は保険診療に伴い払われるシステムです。

また1単位20分で、リハビリを提供した時間に伴い報酬が発生するため、稼げる額にも限度があります。

運動器疾患(区分Ⅰ)で週5日、21単位分リハビリを行なった場合の報酬は以下の通り。

1,850円×21単位×20日=777,000円

ここに患者毎のリハビリテーション総合実施計画書料や施設によって各種加算も加わるので、月あたり100万円弱稼げる計算になります。

理学療法士

100万円×12ヶ月で年収1,000万円いけそうだけど?

リガサポ

そんな簡単なものじゃないんだよね

会議があったりで必ず21単位計算できる訳ですし、さらに病院としては社会保険料の折半だったりランニングコストなどで、セラピスト1人あたりでもかなりの額を負担しなくてはいけません。

なので仮に月100万円ほど稼げても、そのまま理学療法士に還元することは不可能で、年収1000万円を超えることは厳しい理由になっています。

またPT人口の増加や診療報酬の低下も、年収が上がらない一因として挙げられます。

理学療法士

やっぱり理学療法士だけじゃ1000万円は無理か…

リガサポ

保険下で働いている以上は難しいよね

理学療法士で年収1000万円を稼ぐ方法

それでは理学療法士が年収1000万円を達成する方法を紹介していきます。

筆者も筆者の周りでも年収1,000万円のPTはいないので、あくまで想像ベースになりますが…

全部で3つの方法があるよ

それぞれ解説していきます。

副業をめちゃくちゃ頑張る

本業+副業をめちゃくちゃ頑張って、最も年収1,000万円を達成できる可能性がある方法と言えます。

もう普通のPTが年収1,000万円いくには、副業でドカンと当てるしかないです(笑)

リガサポ

もう副業を本職にしろレベルの話だけど笑

ただ本業で年収500〜600万円以上あると、副業で稼ぐ割合が少なくてすむので1,000万円という大台も少し楽になります。

年収500万円以上の高収入の職場は、知人からの紹介やひとりで探すには限界があるので、転職サイトを使うのが失敗しないコツです。

リハビリ向けおすすめ転職サイトは、こちらの記事で解説しています。

年収1,000万円以上を目指すなら、休日や仕事終わりに時給制のバイトでは到底不可能で、寝てる間や本業中に収益が発生するストック型の副業がマストです。

ストック型は毎月の労働時間にかかわらず、継続的に収入を得られるシステム

ストック型副業のメリット・デメリットとは?ストック型に当てはまる副業とは

ストック型の副業は稼げるまでに時間は掛かりますが、一旦稼げるようになると収入を大きく底上げしてくれます。

ストック型で理学療法士におすすめの副業は下記のとおり。

  • ブログ
  • YouTube
  • SNSマーケ
  • 有料教材販売
リガサポ

1,000万いくならひと山あてるしかない笑

理学療法士のおすすめ副業は、こちらの記事でくわしく紹介しています。

開業して経営者になる

保険診療のなかで理学療法士としての開業は禁止されていますが、しかし自費分野では可能です。

  • 自費の整体院
  • パーソナルトレーナー
  • 医療、福祉関連の事業
  • フィットネススタジオ

客単価や勤務形態によっても変わってきますが、うまくいけば年収1000万円も狙える方法。

ただどうしても集客だったり、ライバルとの差別化など競争は激しくリスクも高めなので、強くはおすすめできません。

リガサポ

治療スキルが高いだけじゃ難しい分野だよ

大学教授になる

賃金構造基本統計調査(令和2年)によると、大学教授の平均年収は1073万円と大台を突破してきます。

  • 助教 :550万円〜(平均30歳後半)
  • 講師 :700万円前後(平均40歳前半)
  • 准教授:850万円前後(平均40歳後半)
  • 教授 :1,000万円前後(平均50歳代)

さらに大学教授になるとセミナー依頼や書籍の出版などで、年収1000万円以上を稼ぐことが可能です。

ただ大学の教授になるまでは、大学院での博士号取得や論文発表などハードルはかなり高め…。

教育分野に興味があり、やる気があるならチャレンジしてみるのも良いでしょう!

理学療法士

教授はなかなか難しそうだね

リガサポ

確かにハードルは高いので、前述の方法がおすすめだよ

理学療法士で年収1000万円稼ぐ方法まとめ

この記事では、「理学療法士で年収1000万円稼ぐのは可能?達成するための方法を解説!」について書きました。

理学療法士で年収1,000万円稼ぐのは難しいですが、働き方を工夫すれば不可能ではないです。

具体的な方法は、以下の3つです。

  • 副業をめちゃくちゃ頑張る
  • 開業して経営者になる
  • 一般企業への転職

上記のうちリスクが低く、最も達成できる可能性があるのは「副業をめちゃくちゃ頑張る」

その前提として年収が500万円以上の職場に身をおくのはマストです。

ただ転職は、自分ひとりで求人を探すには限界があるので、転職サイトを使うのが失敗しないコツです。

年収500万円以上の転職が狙える求人を多く抱える転職サイトは以下の3つ。

おすすめ転職サイトTOP3
  1. PTOT人材バンク安心の大手企業が運営+好条件求人が多い
  2. レバウェルリハビリ質の高い求人と充実のサポート体制で人気
  3. PTOTSTワーカーNo.1の求人数と手厚いサポートが魅力

→ 詳しくは、【最新版】理学・作業療法士おすすめ転職サイトランキング7選!現役PTが厳選で紹介しています

また副業は、以下のようなストック型の副業がおすすめ。

  • ブログ
  • YouTube
  • SNSマーケ
  • 有料教材販売
リガサポ

本業と副業の二刀流で、目指せ1000万円!

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次