PT・OTが今より手取り給料を3万円増やす方法詳しくみる

作業療法士の給料が安いって本当?現役OTがリアルな給料事情を紹介

  • URLをコピーしました!
セラピスト

作業療法士の給料って安いよね?
給料アップしたいけど、どうしたら良いの?

上記のように『作業療法士の給料が安い』と悩む人は多いですよね。

若い頃の筆者も、上がらない給料・楽にならない生活に悩んでいたものの、どうして良いか迷っていました。

セラピスト

しかもOTってお金の事は考えちゃいけない雰囲気があるよね

ただ作業療法士と言えど、しっかりとお金の問題に向き合って行動していくのは大切な事ですよね。

そこで本記事では、作業療法士の給料は本当に安いのか、なぜ給料が安いと言われるのかを紹介していきます。

さらに誰でも可能な給料アップのコツも紹介していくので、給料面で悩むOTはぜひ参考にして下さい!

タップできる目次
この記事の筆者

リガサポ

作業療法士の給料は安い?まずは現状をチェック

令和3年の「賃金構造基本統計調査」をもとに計算した作業療法士と世間との年収は以下の通り。

作業療法士日本全体
平均年収426,5万円443万円

上記からも分かるように作業療法士の平均年収は、日本の平均年収よりも低く、給料は安いのが実情と言わざるを得ません。

金額にして、15万円以上も安いという悲しい結果に…。

セラピスト

日本の平均より低いんだ…

ゆうき

国家資格なんだし日本の平均以上はあって欲しいよね

作業療法士の給料が安いと言われる理由

作業療法士の平均年収は、日本の平均よりも低いということがわかりました。

では、なぜ国家資格でもある作業療法士の給料が安いのか、その理由について解説していきます。

それぞれ解説していきます。

稼げる額に上限がある

作業療法士の売上は診療報酬(または介護報酬)から支払われ、疾患・施設基準によって1単位20分でいくら稼げるかが決まっています。

1単位20分あたりの報酬(区分Ⅰ)
  • 運動器:1,850円
  • 脳血管:2,450円
  • 呼吸器:1,750円
  • 廃用:1,800円

運動器疾患のリハビリを週5日、1日あたり20単位した場合、月の売り上げはざっくり計算して100万円ほどになります。

雇用するには、社会保険の折半や運営費、福利厚生費なども必要なので、稼いだ額が丸々貰えるわけではありません。

売上に対する人件費の割合は、小売店で20~30%、サービス業で40~60%が平均的

特にリハビリは算定できる単位数も決まっているので、売上には限界があり給料が上がりにくい原因になっています。

ゆうき

保険の枠組みの中では限界があるよね

OT数の急激な増加

養成校が増えたことで、毎年5,000人近い作業療法士が誕生しています。

またOT以外にPTでも急激な増加は起きていて、早くて2026年にリハビリの需給バランスが崩れることが懸念されています。

数が増え飽和状態に近づけば、それだけ作業療法士の貴重さは失われ、必然的に給料は安くなってしまいます。

また国の医療費も年々膨らみ、これ以上は予算を割けないので、診療報酬も上げにくく給料がアップしない原因となっています。

ゆうき

昔は数も少なく高給取りだったみたいだけどね

昇給がごくごく僅か

売り上げに上限がある、今後も診療報酬の改悪の可能性が高いことなどから、昇給が少なく給料が安いと言われる要因です。

職場によっては昇給が500円やなし・・というところも…。

ゆうき

昇給がわずかだと、長く働いてもほとんど給料は上がらないよね

仕事量、責任感とのアンバランス

作業療法士はリハビリ以外にも、会議への出席や書類の作成、自宅への訪問など仕事量は多いです。

また領域によっては、命にも関わることもある責任が高い仕事と言えます。

そういった仕事量や責任感と給料が見合ってないことも、給料が安いと言われる原因になっています。

ゆうき

仕事量に見合った給料が欲しいよね

上がらない診療報酬

高齢化もあり、国の予算に対する医療費の割合はどんどん増加しています。

そのため近年ではリハビリの診療報酬も改悪を強いられていて、結果として給料も上がりにくくなっています。

世間では賃金アップがトレンドになっていますが、リハビリ業界には無関係な話…。

ゆうき

診療報酬が上がってくれないと給料アップは無理だよね

作業療法士の給料は働き方次第でアップ可能

多くの要因から作業療法士の給料は上がらず、世間の平均よりも安いという結果に…。

ただそんな給料が安いと言われる作業療法士でも、働き方を工夫すれば大きく給料アップは可能です。

実際、筆者も働き方を工夫したことで、OTの平均年収よりも70万円近く給料をアップすることが出来ました。

セラピスト

どんな風に働き方を工夫したの?

ゆうき

詳しくは次から紹介していくね

作業療法士の給料をアップする方法

普通の作業療法士が給料アップを狙うなら下記3つがおすすめ。

それぞれ解説していきます。

転職する

いち早く、そして大きく給料を上げたいなら転職がおすすめです。

実際に、筆者自身も転職によって年収が80万円近く上がりました。

ゆうき

仕事量は同じなのに、職場が変わるだけで給料は大きく変わったよ

お金が全てではないですが、もし今の給料が作業療法士の平均年収よりも安いのなら、条件の良い職場に転職するのは大いにアリです。

新しい職場探し方は、主に以下4つの方法があります。

  • 自分で病院のHPをチェック
  • 知人に紹介してもらう
  • ハローワークで探す
  • 転職サイトを活用する

上記の中でどれが一つでなく、全ての方法で求人を探していくのが転職で失敗しないコツ!

中でも転職サイトは、条件を伝えておけばマッチする求人が出るたびに紹介してくれるので、臨床・家事で忙しい中でも効率的に求人を見つけることができます。

実際に使ってみて良かった転職サイトは下記3つです。

おすすめ転職サイト
ゆうき

全て完全無料で利用できるよ

作業療法士におすすめの転職サイトは、こちらの記事で紹介しているので参考にしてみて下さい。

管理職を狙う

管理職の手当は3〜5万円が相場のところが多く、中には月10万円の手当が出る職場もあり、大きく給料アップを狙えます。

管理職になれば、リハ科内のマネジメントや他部署との連携役など大変な業務ですが、やりがいのあるポジションとも言えます。

今の職場を変えるのは難しいけど給料アップしたいという人は、管理職を目指してみるのはどうでしょうか。

ゆうき

僕は管理職になって物事の考えが変わって良かったって思ってるよ

起業する

OTとしてのスキルに自信があれば、起業(開業)して保険外で挑戦することで、大きく給料アップを狙えます。

起業してうまくいけば、年収も数百万円レベルでアップすることも可能!

ただリスクもありますし、治療スキル意外にもマーケティングスキルも必要など難易度は高いです。

ゆうき

自信があれば挑戦してみるのもアリだよ

副業をはじめる

職場を変えたり、管理職のポストが空いていない、起業は恐いなら副業をしてみるのがおすすめ。

上手くいけば本業を超える額を稼げることも!

作業療法士におすすめの副業としては以下がおすすめ。

  • WEBライター
  • パーソナルトレーナー
  • セミナー講師
  • ブログ
  • せどり

上記を中心に自分に合いそうな副業から始めてみると良いでしょう!

作業療法士におすすめの副業は、こちらの記事で解説しています。

まとめ:作業療法士の給料が安いと嘆く前に、年収アップの行動をしよう

絵本記事では、作業療法士の給料は本当に安いのかと言う真相に迫りました。

残念ながら作業療法士の年収は、世間の平均年収よりも低いと言う結果が出ています。

作業療法士の給料が安い原因は主に以下の通り。

ただ、給料が安いと言われる作業療法士でも、しっかりと働き方を工夫すれば大きく年収アップする事は可能です。

年収アップを狙うには、以下の方法がおすすめです。

働き方を少し工夫するだけで、大きく年収は変わるのでぜひ試してみてください。

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次