PT・OTが今より手取り給料を3万円増やす方法詳しくみる

理学療法士のリアルな年収の現実!PTでも給料アップはできる?

  • URLをコピーしました!

医療職=給料が高いというイメージは、理学療法士という仕事を選ぶひとつの要因になった人は多いんじゃないでしょうか?

しかし、いざ働き出してみると意外とそうでもない現実に打ちひしがれてしまいますよね。

実際に理学療法士の年収は、世間一般の平均年収よりも低いという現実があります。

理学療法士

昇給も少ないし、そりゃ平均以下になるよね

とはいえ、これはあくまで平均のデータであって、理学療法士でも給料をアップさせる方法はちゃんとあります。

実際に筆者も、理学療法士の平均以下の年収(400万円以下)から大きく年収アップできた実績があります。

そんなわけで本記事では理学療法士の年収の現実を踏まえつつ、年収をアップさせる方法を紹介していきたいと思います。

タップできる目次
この記事の筆者

リガサポ

理学療法士の年収の現実は、世間一般の平均より低い

まずは理学療法士の年収事情を紹介していきます。

厚生労働省の調査によると、令和3年度の理学療法士の平均年収は426万5,000円です。

この数字は世間一般の平均年収よりも6万5,000円も安いという現状。

理学療法士全労働者
平均年収426,5万円443万円
平均年齢33,9歳46,7歳
引用:令和3年賃金基本構造統計調査(厚生労働省)
理学療法士

国家資格なのに平均以下なんだ…

ただ理学療法士は平均年齢が若く、世間一般の平均年齢より約13歳も若いです。

その点を考慮すれば、理学療法士の年収が完全に世間一般よりも安いとは言い切れません。

年齢別の平均年収

続いて年齢別の平均年収を見ていきましょう。

年齢別の平均給与

年齢理学療法士全労働者
20〜24歳329万円320万円
25〜29歳380万円360万円
30〜34歳414万円409万円
35〜39歳437万円457万円
40〜44歳487万円494万円
45〜49歳516万円520万円
50〜54歳539万円557万円
55〜59歳575万円581万円
引用:令和3年賃金基本構造統計調査(厚生労働省)

特徴としては、若い世代のときは平均以上の年収ですが、35歳以降は定年までずっと平均以下という点です。

このデータから理学療法士は昇給しにくいというの現状が垣間みえます。

リガサポ

昇給がわずか500円って職場も聞くよ

20/30代の給料事情はこちらの記事で、さらにくわしく解説しています。

他の医療職種との比較

続いては同じ国家資格である医療職の年収をチェックしていきましょう。

医療職の平均年収

平均年収
リハビリ職426,5万円
看護師499万円
薬剤師581万円
放射線技師547万円
臨床検査技師496万円
医師1,378万円
引用:令和3年賃金基本構造統計調査(厚生労働省)

一覧表にしたのがこちら(医師は額が飛び抜けてるので割愛)

特徴としては同じ医療職のなかでも理学療法士の給料はずば抜けて安いという現実が…。

臨床検査技師と比べても、70万円以上の差をあけられています。

以上のように理学療法士の年収は、医療職と比較しても、また世間一般と比べても低いのが現実です。

次からは、なぜ理学療法士の年収が安いのかをみていきましょう。

理学療法士の年収が低い5つの理由

理学療法士の年収が低い理由は、主に5つの要素が関係しています。

PTの年収が低い原因

  • 保険診療かつ時間で報酬が発生する仕組み
  • 若手もベテランも稼げる額が同じ
  • 若い世代が多い
  • PTが飽和してきている
  • リハビリの政治力が弱い

上記のなかでも、特に年齢が関係なく稼げる額(=売上)が同じという点は年収が低い最たる要因です。

経験年数や資格、スキルのあるなしに関係なく、PTであれば誰でも報酬単価は一緒。

リガサポ

売上が同じなら、経験年数があがっても給料にも反映しにくいしね

またPTが増えすぎて飽和状態になってきているのも、年収があがりにくい大きな要因です。

どの業界もですが、その仕事に就くひとが増えれば給料の相場が下がるのが常識です。

経営者目線で考えると、無理に給料をあげなくても、代わりに働いてくれるひとは多くいるって考えになりますしね……。

リガサポ

最近のPTの増加ペースはちょっと異常だよね

理学療法士の給料が安い理由については、こちらの記事でさらに詳しく解説しています。

理学療法士の年収は、職場によって決まるのが現実

稼げる額が経験年数に関係なく一定の理学療法士にとって、年収が決まる大きな要素はどの職場で働くかです。

つまり、どれほどその職場の職員への還元意識が高いかにかかっています。

そういった意味でも下記のような職場は年収が高い傾向にあります。

年収の高い職場
  • 大手法人が運営する病院、施設
  • 整形外科クリニック
  • 訪問リハビリ
  • 国立、公立病院(特に)

年収で考えるなら上記に該当する職場を選ぶと良いでしょう。

筆者も転職で年収アップ

筆者は29歳のタイミングで、総合病院から新規開業の整形外科クリニックへ転職し、年収も大きくアップしました。

こちらが転職前後の給料明細になります。

転職前の年収

理学療法士(27歳)の年収の源泉徴収票(平成25年)
転職前は年収400万円弱

上記は27歳時点での年収ですが、前職場ではだいたい400万円が平均でした。

転職後の年収

理学療法士(32歳)の給料の年間の手取り額 (平成30年度分)
転職後は年収約520万円

年収400万円弱(転職前) → 年収520万円(転職後)

年収としては約120万円ほどアップしましたが、変わったのは働く職場が違うということだけ。

就業時間や1日の単位数、リハビリ内容もほぼ一緒なのに、働く場所ひとつ違うだけで年収も大きく変わりました。

理学療法士が年収アップを目指す方法!年収別に解説

理学療法士の年収を上げるには、どの職場に身を置くかが重要になるとお伝えしました。

ただ理学療法士は稼げる上限が決まっているので、目指す年収帯によって働き方を工夫する必要があります。

そこでここからは、年収別の給料アップ方法を紹介していきます。

年収500万円を目指す方法

年収500万円は理学療法士のなかでは上位20%であり、いわゆる勝ち組のラインとされています。

ただ年収500万円であれば、分野を問わずわりと求人も出ているので、若い年代でも転職で狙えるゾーンになります。

また公務員やベースの給料が高い職場であれば、時間は掛かりますが昇給でも狙える金額になります。

年収500万円を目指す方法は以下の5つです。

年収500万円を目指す方法
  • 転職する(特に訪問リハ・整形クリニック・大手法人)
  • 公務員PTになる
  • 管理職になる
  • 専門学校(大学)の教員になる
  • 副業をする

年収500万円を目指す方法はまだ多くあるので、自分にあった方法を目指してみるのが良いでしょう!

年収500万円を目指す方法は、こちらの記事でくわしく解説しています。

年収600万円を目指す方法

理学療法士の年収は最も高くなる50代後半でも約575万円と、年収600万円には届きません。

なので、普通に転職するだけや昇給だけではほぼ不可能です。

年収600万円以上となると、働き方の工夫や働く場所を限定していく必要があります。

年収600万円を目指す方法
  • 給料の高い職場で副業を掛けあわせる
  • 訪問リハビリで働く
  • 専門学校(or大学)の教員になる
  • 保険外での起業

普通のPTが目指せるのは、給料の高い職場で副業を掛けあわせるか、訪問リハビリが現実的でしょう。

年収600万円を目指す方法は、こちらの記事でくわしく解説しています。

年収700〜800万円を目指す方法

理学療法士で年収700〜800万円となると、かなり少数派になります。

ハードルも高く誰しも達成できる金額ではないですが、可能性はなくはないという金額。

基本的には年収600万円を目指す方法と同等ですが、その精度をさらに高めるイメージです。

年収700〜800万円を目指す方法
  • 給料の高い職場で副業を掛けあわせる
  • 訪問リハビリで働く
  • 大学の教員(講師以上)になる
  • 保険外での起業

訪問リハビリでもかなり頑張って年収700万円台が限度で、普通のPTが達成するには副業ので収入をどれだけ増やせるかがカギになります。

年収700〜800万円を目指す方法は、こちらの記事でくわしく解説しています。

年収1,000万円を目指す方法

理学療法士で年収1,000万円というのは、日本でも数えるほどでしょう。

そもそも一般職種でも年収1,000万円は難しい数字なので、売り上げが決まっている理学療法士1本ではほぼ不可能な数字と言えます。

そんな中で年収1,000万円を稼げるとしたら、以下の方法くらいかと……

年収700〜800万円を目指す方法
  • 副業をめちゃくちゃ頑張る
  • 起業する
  • 大学の教授になる

普通のPTが目指すには、転職などで本業の収入を最大限あげて、あとは副業をめちゃくちゃ頑張るしかないです。

それでも1,000万円はかなり難しく、副業でそれだけ稼げるならむしろそっちを本業にした方が良いレベル……(笑)

年収1,000万円を目指す方法は、こちらの記事でくわしく解説しています。

理学療法士のリアルな年収の現実まとめ

本記事では、理学療法士のリアルな年収の現実をまとめてきました。

本記事をまとめると以下のとおり。

  • PTの平均年収は426,5万円
  • 世間一般の平均よりも低い
  • PTの給料は働く場所でだいたい決まる
  • 年収500万円は転職や昇給で狙える
  • 年収600万円以上は働き方の工夫が必要
  • 年収800万円以上は神レベル

診療報酬で売り上げの変わる理学療法士は、どこで働くかがすごく重要です。

働く場所が違うだけで、同じ仕事をしていても貰える給料はおおきく変わります。

リガサポ

もし今の給料に不満があるなら転職を検討してみると良いよ

新たな職場をさがすには、転職サイトを活用するのが効率的で失敗しない方法です。

筆者がこれまでに試して、本当におすすめできる転職サイトはこちらの記事で解説しています。

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次